グローバルコモンズ南アジア特集

人口動態の 変化

インドが世界で最も人口の多い国になることの意味するもの

ジェニファー・ダブス・シウバ博士  |  写真提供:ロイター

ンドでは人口増加が続き、中国では人口減少が進む中、インドが世界で最も人口の多い国の座に就いた。人口規模だけからインドの将来を推し量ることはできないが、人口動態を深く掘り下げると、インドの指導者たちは、有利な年齢構成を最大限に生かし、経済成長を加速させるチャンスを最大限に高めるために、迅速に行動する必要があることが明らかになる。

現在、インドの人口は14億2,900万人で、インド・パキスタン分離独立からわずか数年後の1951年の国勢調査で集計された3億6,100万人の4倍近くになっている。 

これは、生物学者のパウル・エールリヒ(Paul Ehrlich)が1960年代半ばにインドを訪れた際に述べた「人口爆弾」であり、ほとんどの人が知っているインドである。全体的な成長にもかかわらず、今日のインドの人口動態はエールリヒが述べたようなものにはほとんどなっていない。1960年代には女性1人当たりの子どもの平均数は6人近かったが、現在ではわずか2人で、人口置換水準を下回っていると考えられている。国連の人口統計学者らは、インドの人口置換水準(ある世代から次の世代へと人口を維持するために、女性が出産する子どもの平均数)を2.19人と発表した。この平均値は国内の格差を覆い隠しているが、出生率が2人を超えるのはインドの5つの州だけで、最も高いビハール州は3人弱となっている。 

インドの急速な少子化は、世界的な傾向を象徴している。2022年現在、出生率が女性1人当たり3人を下回る国は71%に達しているが、2000年は56%に過ぎなかった。

2023年4月、ニューデリーのカルタヴィヤ・パス付近のセントラル・ビスタ通りに集う人々。国連によれば、同月にインドの人口が中国の人口を上回ったという。

インドの年齢構成は変わりつつある

数十年にわたり置換率を下回る出生率が続けば、大量の移民が入らない限り、国は縮小の道をたどるだろう。中国の人口はすでに減り始めているが、インドの人口は少子化でも毎月100万人ずつ増えており、人口が減少に転じるのは今世紀半ば以降になるとみられる。それは、インドの成長の多くが「人口モメンタム」によってもたらされているからである。人口モメンタムとは、出生率が低下しても、出産するコホートのサイズが出生率が高かった頃よりも相対的に大きくなっている(潜在的な母親が多い)ため、人口が増え続ける傾向のことである。実際、インドの人口は非常に多く、現在から今世紀半ばにかけて予想される世界人口の増加の大部分を牽引することになると予想される。2037年頃に世界の人口が90億人に達する頃には、16億人がインド人になる。

しかし、インドの年齢構成は劇的に変化している。25年後のインドの年齢中央値は約33歳で、現在の28歳、1998年の21歳から上昇する。50年の間に12年増加したことになるが、これは世界の年齢中央値の上昇にわずかに及ばないレベルだ。現在から2048年までの間に出産する人のほとんどはすでに生まれており、彼らの妊娠出産に関する傾向も十分に把握できる。インドの女性は平均して2人程度の子供を欲しがっていると言われており、少子化傾向は今後も続くだろう。これらの出生コーホートの規模に加え、緩やかな平均寿命の伸びを考慮すると、インドの人口は今後25年間で2億3,000万人増加することが予想される。これは大きな数字だが、インドの人口は過去25年間で4億3,000万人増えている。インドはしばらくの間、比較的若い年齢層を維持するだろうが、インドの労働力に加わる若年層の数は数年前にピークを迎えた。

インド・ムンバイの産科病院で、赤ちゃんを抱く母親(左)と検診を待つ女性たち。

インドの「人口ボーナス」は保証されていない

その人口動態から、人的資本への投資など適切な政府政策が実施されれば、インドは人口ボーナス(生産年齢人口の増加による経済成長の押し上げ)を得る条件を備えている。中国と同様、インドの指導者たちも、人口増加の鈍化は経済発展の必須条件だと考えていた。しかし、中国とは異なり、インドはこうした目標を達成するための人的資本への投資を行っていない。識字率、特に女性の識字率は世界平均を下回っており、乳幼児死亡率の高さが示すように、保健分野への投資も強化しなければならない。

そして、インドは早急に対応する必要がある。欧米諸国では経済発展のために出生率が低下したが、インドでは家族計画によって低下した。これは、人口動態の変化のペースが速くなり、インドが人口ボーナスを享受する機会が短くなったことを意味する。西ヨーロッパでは60歳以上の人口が15%から30%に増加するのに75年かかる。インドでは同じ変化に34年しかかからない。

インドはまだ比較的田園地帯が多いものの、都市は着実に発展している。デリーは世界で最も急成長している都市のひとつであるが、インドの世界的な知名度からすると、全体として都市化は遅れている。国際連合によれば、インドの都市化率はわずか33%である。一方、中国の都市化率は65%となっている。これまで、都市化はサービス、アイデア、雇用を集中させるため、経済的潜在力を示す重要な指標であった。ゆえに、インドの都市化の低さは経済成長に歯止めをかけている。最近のある研究は、インドの主要5都市は今後10年間で平均1.5倍から2倍に成長すると予測している。インドの国家人口委員会(National Commission on Population)は、31.8%の都市人口が今後10年の半ばまでに38%以上に増加すると予想しているが、それでもまだかなり低い水準だ。つまり、インドには高い都市成長の可能性がありながら、大きく出遅れているのだ。

インドは本当は2つ存在する

北と南では出生率や移住率に差があるため、インドは若い国であると同時に高齢化国でもあり、世界的な人口格差の縮図でもある。インド北部の州は、健康状態の悪さと識字率の低さにより苦しんでいる。一方、南部のケララ州では、高齢者向けの生活支援施設の人員確保がすでに困難になっている。国が2つのまったく異なる人口問題に同時に取り組まなければならない場合、政策の優先順位を決めるのは容易ではない。

また、インドでは男性と女性を取り巻く状況にも差がある。世界銀行によると、インド人女性の有給労働率はわずか23%で、バングラデシュの37%、中国の63%と比べても低い。インドでは、こうした労働の多くが非公式経済であり、女性は老後に経済的不安を抱えるリスクが高い。インド人女性の高等教育への進学率はインド人男性よりも高いが、インド経済は依然として男性優位だ。インドが経済成長を最大化するためには、スキルと雇用をより適切に結びつける必要がある。

インドの将来は人口動態が鍵を握る

インドの人口動態は将来への土台を築いているが、人口増加の鈍化と年齢の中央値上昇が力強い経済成長につながる保証はない。同様に、人口増加の鈍化がよりクリーンで持続可能な環境につながるという保証もない。すべてが計画通りに進めば、インドの14億人を数える人々は、今後数十年にわたって生活水準の向上を目の当たりにすることになる。これは、手頃で現実的な消費の選択肢が不可欠であることを意味し、インドは、この人口動態の道をたどるであろう他のダイナミックな経済国にとって、より環境に優しい道を示すモデルとなりうる。環境に配慮した労働市場や産業への投資を含めれば、環境目標は経済目標もサポートすることができるだろう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button