共同訓練「CARAT東ティモール2021」が海洋パートナーシップを強固

共同訓練「CARAT東ティモール2021」が海洋パートナーシップを強固

モハンマド・イッサ中尉/米国海軍

第27回CARAT(Cooperation Afloat Readiness and Training)シリーズの一環である東ティモールでの訓練は、9日間にわたる仮想、対面、海上での交戦を経て、2021年12月中旬に終了した。このイベントでは、東ティモール国防軍(F-FDTL)と米軍の協力関係を強化し、共通の海洋安全保障上の課題に焦点を当てた。

CARAT東ティモールの海上パートに参加する米国資産には、インディペンデンス級沿海域戦闘艦「チャールストン」( USS Charleston )や第21ヘリコプター海上戦闘飛行隊(HSC-21)「MH-60 Sシーホーク」ヘリコプターなどが挙げられる。米軍関係者には、第76任務部隊中佐、第7駆逐隊(DESRON7)、第7艦隊(アメリカ軍)、米国海兵隊、および米国大使館(東ティモール、ディリ)のスタッフが含まれていた。

この訓練では、複数の陸上および海上の能力に焦点が当てられ、自由で開かれたインド太平洋を確保するために協力する東ティモールと米国の能力が強調された。

「東ティモールと米海軍は、この9日間の演習イベントを通じて互いの能力をより深く理解し、作戦担当者間の信頼と理解を築く上で大きな進歩を遂げした」と第7駆逐隊司令官のトム・オグデン(Tom Ogden)大佐は述べている。「このレベルの協力は、実戦での協力と自由で開かれたインド太平洋を支援するための準備となる。」

海上では東ティモールのポートヘラ近郊でF-FDTLのメンバーがUSSチャールストンに乗船し、相互運用性の構築と関係強化に焦点を当てた訓練を実施した。この訓練では航行、エンジニアリング、ダメージコントロール、訪問、乗船、捜索、押収の訓練について、専門家の交流が行われた(写真)。

港湾ではF-FDTL隊員と第一海兵遠征軍の米海兵隊員が、小火器、武術、市街戦の実技指導と実践、小型船舶の整備と海上警備などの複合訓練を実施した。専門家の仮想交流会では、海上法執行や船員向け医療に関する共同訓練が行わた。

「CARAT東ティモールに参加した船員と海兵隊員は、イベントを完璧に実行し、F-FDTLの仲間との絆を強化した」とオグデン氏は述べた。「CARAT2022を含む今後の取り組みの中で引き続きパートナーシップを発展させることを楽しみにしている。」

CARAT訓練シリーズは、海上安全保障に関する懸念に対処し地域の海軍間の協力体制を強化している。20年近い外交関係を持つ東ティモールと米国は、自由で開かれた、包括的かつ平和で安全なインド太平洋地域を確立するという共通の構想を推進するために、緊密に協力を続ける。CARAT東ティモール2021はこの共通のコミットメントを強調した。
画像提供:ライアン・M・ブリーデン二等兵曹/米国海軍

Share