一連の麻薬捜査で協力を図る東南アジアの警察

一連の麻薬捜査で協力を図る東南アジアの警察

トム・アブケ(Tom Abke)

情報収集と法執行機関の連携により、インド太平洋地域の麻薬密造地帯「黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)」で大量の違法薬物が押収された。これは今後の大規模な違法薬物捜査の基盤確立にも繋がる偉業である。当局の発表によると、インド太平洋史上最大の麻薬捜査により、薬物押収と容疑者の逮捕に成功した。

2021年10月28日、ボケオ県でラオス警察がビール箱を運送するトラックを停止させて調べたところ、ビール箱の中に強力な覚醒剤が隠されており、同警察がメタンフェタミン錠剤5,500万錠と結晶メタンフェタミン1.7トンを押収した。ワシントン・ポスト紙が報じたところでは、今回の押収物の推定総額は200億円相当(2億米ドル)に上る。

タイ、ミャンマー、ラオス3ヵ国の国境に当たる黄金の三角地帯は違法薬物の生産拠点として知られ、大規模な流通網も存在している。

国連薬物犯罪事務所(UNODC)の2020年報告書には、同地域の警察に対してメタンフェタミン生産急増の可能性を警告する内容が含まれている。2020年8月下旬、仮想形式で麻薬密売に関する協議を行った上記3ヵ国の麻薬関連当局とASEAN(東南アジア諸国連合)加盟諸国の関連機関は機関間の「戦略的調整を合理化する」ことで合意した。

マレーシアのクアラルンプールを本部とするASEAN警察長官会合(アセアナポール)は、ASEAN加盟諸国における警察機関の国際的枠組である。国連薬物犯罪事務所の報告書に続いて、ASEAN警察長官会合も黄金の三角地帯と周辺地域で発生したメタンフェタミン類などの押収事例を報告している。これには2020年7月から2021年10月、そしてビール箱運送トラックの事件に至るまでの記録的な一連の薬物押収事例が含まれる。

具体的は、2020年7月19日にミャンマーで1億7,000万円(170万米ドル)相当のメタンフェタミンが押収された事件、2021年の1月と2月にマレーシアでそれぞれ1億400万円(104万米ドル)と9,000万円(90万米ドル)相当の薬物が押収された事件、麻薬シンジケート5組織に関連したとされる首謀者が2021年3月にマレーシアで逮捕された事件、2021年10月4日にミャンマーで9億円(900万米ドル)に相当する1トン超のメタンフェタミンと他の薬物が押収された事件などが挙げられる。(写真:2017年2月に押収した37億円[3,700万米ドル]相当の麻薬を提示するタイ王国国家警察)

タイのバンコクに所在する東南アジア大洋州地域事務所の発表によると、国連薬物犯罪事務所は地元の法執行機関と協力を図りながら、「国境を越えた薬物と麻薬前駆体の密売を特定して課題に対処している」。同事務所は情報収集、調査、事件対処の準備と追訴だけでなく、情報共有と国境を越えた協力体制という面でも支援を提供している。

ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が2021年5月に報じたところでは、ラオス警察は街の売人向けの麻薬だけでなく、メタンフェタミンや他の違法薬物の製造に使用される化合物約200トンも押収している。こうした化合物は黄金の三角地帯の麻薬工場に輸送される予定となっていた。隠匿物の中には中華人民共和国(中国)製の塩化プロピオニル72トンも含まれていた。

国連薬物犯罪事務所によると、メタンフェタミンなどの合成薬物の製造により、東南アジアの違法薬物市場に「大きな変化」がもたらされた。同事務所の報告書には、「現在の薬物押収量は10年前には想像もできなかったほどに増えている」とも記されている。

トム・アブケは、シンガポール発信のFORUM寄稿者。

画像提供:AFP/GETTY IMAGES

Share