• Home »
  • ヘッドライン »
  • 国連サミットは気候変動に取り組むより野心的な取り組みを確保することが期待されている
国連サミットは気候変動に取り組むより野心的な取り組みを確保することが期待されている

国連サミットは気候変動に取り組むより野心的な取り組みを確保することが期待されている

FORUMスタッフ

2021年10月31日から11月12日にかけて開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)では、気候変動に取り組むための行動を調整するために各国首脳、専門家、市民団体のリーダーが会合を開く。

COP26によると、COP26の議長に任命されたアロック・シャルマ(Alok Sharma)教授(写真)は、スコットランドのグラスゴーで開催されたサミットに先立ってパリで開催された国際連合教育科学文化機関(UNESCO/ユネスコ)の会合で、「COP26は写真を撮影したり話をするだけの場所ではありません。気候変動に関して世界を正しい道に導くためのフォーラムでなければいけません。これはそれぞれの指導者達にかかっています。6年前にこの偉大な都市で世界に約束をしたのは指導者達であり、それを遵守しなければいけないのも指導者達です。責任はすべての国にあり、私たちは皆自分たちの責任を果たさなければいけません。なぜなら気候に関しては世界は1つであり、成功するか失敗するか、しかありません」と述べている。

AP通信が報じたところでは、開催が近づくにつれてグラスゴーサミットに対する関心が高まり、10月中旬には世界の指導者が気候変動に対抗するためにより大胆な行動を取るよう求める数千人に及ぶデモがブリュッセルで行われた。AP通信は、サミットの目標は気候変動に対抗し、自然な生態系や脆弱な共同体をよりよく保護するための資金調達の取り組みを含む「より野心的な取り組み」を参加者から確約を得ることであると報じている。

サミットは1995年から毎年開催されている。2015年のCOP21では参加者は21世紀中の地球温暖化を摂氏2度以下に抑えることを約束する気候変動に関するパリ協定を採択した。ワシントン・ポスト紙の報道によると、パリ協定に署名した各国の代表はCOP26に出席するとされている。

太平洋諸島の指導者たちの気候問題に取り組むための会話はすでに始まっている。シャルマ教授は2021年7月にクック諸島、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島、ナウル、ニウエ、パラオ、ソロモン諸島、バヌアツおよびその他の太平洋諸国の代表者と会い、小島諸国特有の気候変動の課題について話し合った。COP26によると、世界の中で温室効果ガスの排出量が最小であるこれらの国々は気候変動の最も極端な影響に直面している。COP26によると、太平洋地域の代表者は地球全体の気温を調節する海洋の役割を強調し、沿岸地域体の文化、生計、食料安全保障および持続可能性は海洋に依存していることも強調した。

COP26の報告書によると、英国の太平洋・環境大臣であるザック・ゴールドスミス(Zac Goldsmith)男爵は、「クリーン・テクノロジー革命で得られたのと同様の取り組みで自然を支える必要があります。政府が新型コロナウイルスからの経済回復を計画するにつれて、私たちは経済と自然界を調和させ、よりグリーンで、より安全で、より繁栄した未来を提供するためのまたとない機会を得ました」と述べている。

米国は自身に係わる部分について米国国防総省を含む各連邦政府機関が気候変動に適応して対処するための計画を2021年10月に概説した。

ロイド・オースティン(Lloyd Austin)米国防長官は声明で、「気候変動は我が国の安全保障に対する今そこにある危機であり、国防総省は即座に果敢に対処して不可避な損害に対して準備する必要があります」と述べ、訓練や装備を含む軍隊の運用、計画および意思決定に気候上の考慮事項を統合することを約束した。「私たちは気候変動の壊滅的な影響に適応することだけを意図しているわけではありません。私たちは世界中の国々と協力してその脅威に対処します。」

 

画像提供:AP通信社

Share