• Home »
  • 地域全般 »
  • スリランカ: メタンフェタミン 押収 で垣間見える人身売買 における実態の 変容
スリランカ: メタンフェタミン 押収 で垣間見える人身売買 における実態の 変容

スリランカ: メタンフェタミン 押収 で垣間見える人身売買 における実態の 変容

『ザ・ヒンドゥ(The Hindu)』の報道によると、スリランカ海軍が 2021 年 1 月に 100 キログラムの結晶メタンフェタミンを押収したことは、同地域における国際的な麻薬密売人の活動方法の変化を示している。

以前にスリランカとインドの海岸沿いで押収された禁制品の多くはヘロインだったが、「最近はメタンフェタミンがより大きな利益を生み出している可能性がある」と、インドの税関職員は述べている。「先ほど海路経由で密輸された大量のヘロインがインド、スリランカ、モルディブの沿岸で押収された」と、当局は新聞に語っている。

「荷物はパキスタンのマクラン海岸から発送された。

今回、主に押収されたのはメタンフェタミンで、これは同薬物が密輸業者により多くの利益をもたらしている可能性があることを示している」。

『ザ・ヒンドゥ(The Hindu)』が報じたところによると、2021 年 1 月 4 日にスリランカ海軍指揮のもとで警察麻薬局と情報機関による共同作戦が実施された。捜査官は4人を逮捕し、100キログラムのメタンフェタミンと 80 キログラムのハシシ を押収した。また、麻薬の密輸に使われた漁業用トロール船を押収したという。(写真:2020 年 4月、スリランカ海軍はスリランカのコロンボ近郊の無旗貨物船から 605 キログラムのメタンフェタミンと 579 キログラムのケタミンを押収した。)

捜査当局は、高純度のメタノールがパキスタン各地の研究所で大量生産されているのではないかと疑っている。研究室ではアフガニスタンの
マオウ属植物から抽出されたエフェドリンを 使用していると『ザ・ヒンドゥ(The Hindu)』は報じている。FORUM スタッフ

Share