COVID-19 への対応

COVID-19 への対応

包括的に解決する 女性・平和・安全保障プログラム

ジェニファー・アトキンソン(Jennifer Atkinson)空軍中佐/ニュージーランド空軍 リビー・リアドン(Libby Reardon)飛行隊長/ニュージーランド空軍 ケイト・マクモロー(Kate McMorrow)/オーストラリア国防省 シャロン・グーベア・ファイスト(Sharon Gouveia Feist)/アメリカインド太平洋軍

世界中のコミュニティが COVID-19 の影響を感じているが、パンデミックの文化的副作用によって最も大きな打撃を受けたのは女性である。政府のロックダウン政策や外出禁止令は、女性や少女に対する暴力という「影のパンデミック」を意図せずもたらした。主な介護者や家事管理者としての女性の役割への期待は家事労働の不平等な負担を悪化させている。女性は多くの場合、最前線の医療従事者の 70% を占めており、そのため感染に晒されることが増加している。サービス産業や介護職に占める女性の割合が過剰に高く、女性は不安定
な立場に置かれ最初に失業することも多い。家事、農業、繊維産業などの非公式経済における生計は、女性が政府の経済刺激プログラムに参加することを拒んでいる。パンデミックと政府の対応は、社会における女性の役割のために、女性に異なる影響を与えることが明らかになった。

ビクトリアのドライブスルークリニックで COVID-19検査 の準備をしているオーストラリア空軍のニコール・マロスケ(Nicole Maroske)飛行中尉オーストラリア国防省

しかし同じこの役割は、持続性のある回復戦略に女性が有意義な参加をすることの重要性を強調している。今日の公衆衛生上の危機で私
たちが目にしているのは、女性・平和・安全保障 (Women, Peace and Security:WPS)に関する国連安保理決議(United Nations Security Council Resolution:UNSCR)1325 号の可決により、20 年以上前に国際的に認識された現実、すなわち第一に、紛争と危機が女性に不釣り合いに影響を与えるということ。そして第二に、女性の貢献はしばしば過小評価され、十分に活用されておらず、さらなる不安定性につながっているということを再確認するものである。

コロナウイルスのパンデミックの規模と不安定な影響により、世界中の国々が、防衛・治安部門と協力して対応と復興に取り組んできた。ニュージーランド国防軍(New Zealand Defence Force:NZDF)、オーストラリア国防省(Department of Defence:DOD)、フィジー共和国軍(Republic of Fiji Military Forces:RFMF)、アメリカインド太平洋軍 (U.S. Indo-Pacific Command:USINDOPACOM)など、多くがジェンダー視点や女性・平和・安全保障の原則に取り組んでいる。

ジェンダー視点とは、ジェンダーに基づく違いが危機に際し男性、女性、少年、少女の当面のニーズと長期的な利益をどのように形成
するかを理解することを意味する。

ジェンダー視点は、軍隊がジェンダーをよりよく理解し効果的な対応を示すために関連性のある人命救助についての疑問を提示する。誰のニーズと利益が満たされているのか?

リソースにアクセスできるのは誰か?どの男性と女性が影響を受けるか?

各国の防衛部門で女性・平和・安全保障を実施するには、パンデミックへのそれぞれの対応とともに、世界的な人口統計の複雑さと自国の人口のニーズを考慮する必要がある。以下のスナップ写真は、4 ヵ国が防衛部門の COVID-19 の取組みにジェンダー視点をどのように取り入れているかを示している。各国が女性・平和・安全保障の実施を進めているため、同様の経験でも独自のアプローチを反映している。

ニュージーランド国防軍

ニュージーランド政府が 2015 年に女性・平和・安全保障国家行動計画を策定した際、ニュージーランド国防軍はその実施における重要なパートナーだった。ニュージーランド国防軍は、17 件の計画のうち 8 件を担当した。これには訓練や業務にジェンダー視点を取り入れて配置する、国防軍における女性の数を増やすことが含まれていた。ニュージーランド国防軍には、太平洋諸島での女性・平和・安全保障の取組みをパートタイムで支援する職員に加え、この作業を監督するフルタイムの女性・平和・安全保障実施職員がいる。彼らの監督は、COVID-19 の鎮静、管理、対応を成功させるために重要であることが証明されている。

2020 年 4 月にオーストラリアのカラウンドラにあるドライブスルークリニックで COVID-19 の患者の体を拭く看護師 ロイター

2020 年 3 月、ニュージーランド国防軍は、COVID-19 に対する内部対応と政府全体の対応への貢献を調整するためにプロテクト作戦 (OperationProtect)を開始した。当初からニュージーランド国防軍の計画、分析、および後方支援業務の専門知識を活用して、政府の対応管理センターをサポートするために少数の経験豊富なニュージーランド国防軍要員が配置された。

軍人向けの配備前訓練の第 1回目には、ニュージーランドの人口データに基づいた国際調査からの資料を使用したCOVID-19 のジェンダーの側面に関する説明書が含まれていた。説明書には、COVID-19 とロックダウンによる女性への不均衡な影響、計画に際しこれらの影響に対処する必要性、そしてニュージーランド国防軍チームが女性を含むことの重要性が記されていた。

パンデミックが広がるにつれニュージーランド国防軍の職員は、管理隔離施設(managed-isolation and quarantine facilities:MIQFs)のサポートの任務が増加した。この施設は、当初は 1 つの都市のホテルに拠点を置いていたがすぐに全国で 30 ヵ所以上の施設に発展した。

管理隔離施設には、さまざまなニュージーランド市民がそれぞれ14 日間収容され、その大多数は海外から帰国者である。

ニュージーランド国防軍の職員は、ホテルの所有者と警備、警察、福祉、ホテルスタッフなど、他のプロバイダー間の取組みを調整した。2020 年 9 月の時点で250 人以上の職員が常時 COVID-19 の対応を支援し続けており、そのほとんどが管理隔離施設を支援している。

その結果、ジェンダー視点の説明書は、管理隔離施設の設定に特有のジェンダーに関する考慮事項を含むように改訂された。国内避難所から学んだ教訓と管理隔離施設を支援する職員との話し合いに基づき改訂された説明書は、貴重な洞察を浮き彫りにした。まず、管理隔離施設内では、家族単位における家庭内暴力、施設利用者間の性的暴行の告発、危険にさらされている女性の性的搾取の可能性、犯罪または性的犯罪歴のある施設利用者の近くに他の施設利用者を不注意に配置するなど、ジェンダーに基づく暴力はさまざまな形で現れる。また、管理隔離施設内の性と生殖に関する健康への混乱も指摘され、妊婦、特に現場での臨床管理が必要な妊婦や出産のために管理隔離施設を離れる必要がある妊婦に考慮する必要があることが強調された。

さらに、計画の考慮事項には、管理隔離施設を離れることができない場合に、女性が女性用衛生用品を入手する方法を含める必要がある。また、改訂版の説明書は、管理隔離施設のひとり親(多くは女性)が直面する潜在的な課題、特に複数の子供や特別な支援が必要な子供がいる親の課題について強調した。最後に、説明書では特に言語が障壁である場合、職員はより大きなグループ内で影響力のある管理隔離施設の施設利用者と関わり、情報やフィードバックを浸透させる機会を認識する必要があることを強調した。

ニュージーランド国防軍の職員は、管理隔離施設での体験のジェンダーによる影響について貴重なフィードバックをしている。この情報は、管理隔離施設を改善し次のローテーションの職員の準備を改善し続けている。

フィジー共和国軍

フィジー共和国軍での女性・平和・安全保障の実施には、基地全体のジェンダー認識訓練やフィジーの政府および軍隊のメンバー向けの複数機関のジェンダー・アドバイザーコースなど、施策および訓練の開発が含まれていた。女性・平和・安全保障委員会は、法的パートナーと協力して女性に不釣り合いに影響を与える政策を適応させ、支援メカニズムが確実に実施されるようにするために設立された。

COVID-19 がフィジー人の健康と福祉を脅かしたため、対応を支援するためにフィジー共和国軍チームが設立された。このチームは、緊急時対応計画の設定、強制隔離の実施のサポート、インフラ、健康、防衛のポートフォリオ全体からの大臣への説明に関与した。初期段階からジェンダー・アドバイザーがチームの一員であり、この危機のジェンダーの側面 (人口統計、移動、危険レベルの分析など)を強調し、人道的対応計画を特定する責任を負っていた。脅威の複雑さに加え、2020 年 4 月に熱帯低気圧ハロルドの対応という課題も加わったため、複数機関によるアプローチが採用された。

COVID-19 の蔓延を防ぐため、フェイスマスクを着用して 韓国のソウルの地下鉄の駅を歩く女性 AP通信社

COVID-19 の脅威は2020年5月までに大幅に減少したが、パンデミックへの直接対応とロックダウンの効果の両方において複数機関による協力が継続された。世界的な傾向を反映して、フィジー政府は家庭内暴力ホットラインへの電話が 2020 年 2 月の 87 件から 2020 年 4 月の 500 件以上に増加したことを確認した。複数の機関によるアプローチが女性・子供・貧困緩和省の指導の下、非政府機関の同盟を通じて再び動員された。フィジー女性の権利運動がフィジー海軍に提供したセクシャルハラスメント訓練および保健省への継続的なフィジー共和国軍の強制隔離実施支援に加えて、機関間の協力はCOVID-19 とジェンダーによる影響との戦いにおけるフィジーの成功の象徴となっている。

オーストラリア国防省

国連安保理決議 1325 号が採択されて20 年目に、オーストラリアは速いテンポを維持し、専任の職員とリソースを通じて女性・平和・安全保障の議題を実施し能力を高めていた。オーストラリア国防省は、ジェンダー視点を政策と原則に統合する以下の 6 つの取組みに沿って女性・平和・安全保障の議題の実施と部門全体での意識の主流化において大きな進歩を遂げた。戦略的設定
を確実にする、組織全体の幅広い人々を訓練する、女性・平和・安全保障の議題アジェンダの実施に専任の職員を設ける、作戦と演習に関するジェンダー・アドバイザーの配置を通じて任務の準備を維持する、能力開発イニシアチブとプログラムを通じて国際的なパートナーを支援する、オーストラリアが国連安保理決議 1325 号の義務を確実に果たすために、強固なガバナンスと報告の枠組みを開発する。

2012 年以来、オーストラリア国防省は災害と紛争のジェンダーによる影響を評価する専門知識を構築し、パンデミック対応に貢献するための基盤を築いてきた。COVID-19のジェンダーによる影響は十分に文書化されている。非営利の援助機関であるケア・オーストラリア(CARE Australia)によると、オーストラリア人の 80% は、最も打撃を受けた部門である医療、教育、小売などのサービスを提供する業界で働いている。女性はパートタイム労働者、臨時労働者や無給の介護の役割の大多数を占めるため、より大きな不安に直面している。

さらに、専門家は女性に対する暴力の頻度が増加していると報告している。これは世界的な傾向であり、国連人口基金は 3 ヵ月のロックダウンごとに、世界中でさらに1,500 万件の家庭内暴力が発生すると予測している。パンデミックの始まりは、オーストラリアでの悲惨な山火事の季節に続き、多くの家族や企業へのストレスと重なった。

2020 年 8 月の時点で 3,000 人を超えるオーストラリア国防軍(Australian Defence Force:ADF)のメンバーが、国の COVID-19 対応をサポートするためにさまざまな役割で配置された。これにはテスト、後方支援業務、接触者追跡、国境閉鎖の管理が含まれる。オーストラリア国防軍のコミュニティとの交流を踏まえ、対応の一環としてジェンダー・アドバイザーとジェンダーに関する焦点のネットワークが組み込まれた。戦略本部から部隊レベルまでの階層型システムが確立され、情報の流れとフィードバックループが可能になった。ジェンダー・先住民・文化への意識というタイトルのオンライン訓練パッケージとビデオがコミュニティを展開して協力するすべてのメンバーのために開発された。司令官と家族のための「兵士のスマートカード」チェックリストと家庭内暴力の簡易説明書は、計画と実行全体で
ジェンダーの考慮事項を統合するためのガイドとして開発された。オーストラリア国防省は、パンデミック時のジェンダーの影響に対処し、女性・平和・安全保障アプローチを通じて新たな脅威、人道的対応のニーズ、およびその他の危機や紛争の状況に対応する上で優
れた立場にある。

アメリカインド太平洋軍

米国国防総省は、2011 年に最初の米国国家行動計画が発表されて以来、女性・平和・安全保障を支援してきた。

これは 2017 年の女性・平和・安全保障法、2019 年の米国戦略、2020 年の部門戦略的枠組みと実施計画の成立によってさらに成文化された。米国インド太平洋軍は女性・平和・安全保障の実施に不可欠な、コマンドジェンダー・アドバイザー、女性・平和・安全保障カリキュラム開発者、ジェンダーアナリストの 3 つの役職を含めるために女性・平和・安全保障局を設立した。

2020 年初頭に世界的パンデミックが急増したため、女性・平和・安全保障局は、2 つの重要な分野であるジェンダーと COVID-19 によるコミュニティの対応を支援する準備をしているハワイ州兵部隊の配備前訓練および関連する地域データを収集して意思決定に役立つジェンダー分析の開発を特定し、米国インド太平洋軍の計画と対応を改善した。さらに米国インド太平洋軍はデジタル記事と訓練ビデオを使用して、COVID-19 の地域のジェンダーによるセキュリティ効果を強調した。

配備前訓練は、状況に応じて人口統計に合わせて調整する必要があるが、地域社会に適用されるマクロレベルのジェンダーの考慮事項がある。例えばロックダウン中の家庭内暴力の増加、性と生殖に関する医療へのアクセスの中断、医療従事者の大多数を占める女性、そして他の脆弱なコミュニティへの不均衡な影響等である。ハワイではハワイ先住民と太平洋諸島系のコミュニティが最も苦しんでいる。パンデミックは、医療へのアクセスの欠如、多世代住宅の混雑した生活条件、最前線産業での非正規や正規雇用など、構造的および社会的
システムの不平等を悪化させている。

ジェンダーとCOVID-19 の訓練は包括的なセキュリティアプローチに焦点を当てており男性、女性、少年、少女がこの公衆衛生上の危機を異なる方法で経験していること、彼らのジェンダーの立場は彼らを危害にさらしたり、さまざまな方法で生存のリスクを冒したりする可能性があること、そして救援および復興リソースへのアクセスが異なる場合があることを理解している。

COVID-19 に関しては、世界中で大きなジェンダーデータのギャップが残っており、米国インド太平洋軍の女性・平和・安全保障局は効果的な意思決定のためにより多くのデータの必要性を強調するレポートと分析を展開した。計画におけるジェンダーレンズの重要性に関する記事、および COVID-19 に関する既存のジェンダー関連データをレビューして施策を提案する研究が含まれる。

復興の努力

COVID-19 から復興するための政府の短期的および長期的な取組みは、この危機の間に女性と少女が直面する独特の脆弱性を考慮し、彼女らが保護され救援および復興の支援に安全にアクセスできるようにする必要がある。政府の復興戦略には、ジェンダー視点を取り入れなければならない。女性・平和・安全保障の議題は、防衛および治安部門に人口との関わりを深め、包括的に解決するよう備えている。

防衛部門はジェンダー・アドバイザーの能力を引き続き構築し、相互運用性と調整を大幅に改善し、任務の有効性を高める必要がある。

パンデミックのジェンダーによる影響は何年にもわたって明らかになっていくであろう。我が国の防衛および治安部門は、これらの教訓を学び使用してそれぞれの部門を訓練し続ける。我々の任務中に女性、男性、少女、少年のニーズが満たされていることを確認する。女性・平和・安全保障実施に関する情報共有を増やす。そして、しばしば予測不可能で複雑な 21 世紀の安全保障の課題に効果的に対抗
するために、国および地域の復興力を強化する。

Share