欧州: 欧州連合と米国が  ともに中国と対峙する

欧州: 欧州連合と米国が ともに中国と対峙する

米国と欧州連合(EU)が中国に対抗するには、中華人民共和国(PRC)に対する理解を共有する必要がある、と米国のマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)米国国務長官は 2020 年 6 月に述べ、中国政府は脅威であり経済発展のために欧州のノウハウを盗んでいると非難した。

ポンペオ氏は、EU のジョセップ・ボレル (Josep Borrell )外相が提案した中国に関する米-EU 間の正式な対話の創設を受け入れたと述べた。

「今起こっている真実に対する大西洋を越えた目覚めがある。」ポンペオ氏は、ビデオリンクを介してシンクタンクのイベントを語った。「これは米国が中国と対立しているのではなく、世界が中国と対立しているのだ。」

ボレル氏は、ポンペオ氏やEUの外相らとのビデオ通話の中で米-EU 間の対話を提案していた。 

EU の 2 名の外交官はこの対話は共通の貿易政策を打ち出すのではなく、西側が中国の偽情報であると言うものにどう対処するかといった問題に取り組むための公開討論の場になる可能性があると語った。

しかし、EU は戦略的産業を支配する略奪的な中国の貿易慣行に関する米国政府の懸念の多くを共有しているものの、EU本部は米中の間の第三の道を目指そうとしている。

世界最大の貿易ブロックであるEUは、2020 年6 月 に中国の首脳と会談し、中国を経済的ライバルであると同時に気候変動との戦いにおけるパートナーと見なした。

ポンペオ氏は、中国が欧州の知的財産を盗んでおり、規則に基づく貿易システムを悪用していると非難し EU は経済を守るために中国に対抗する必要があると述べた。

中国の金融システムについては、「中国は我々が彼らの資本市場にアクセスできない方法で、我々の資本市場にアクセスできます。」と語っている。ロイター

Share