• Home »
  • 地域全般 »
  • 台湾: 世論調査の結果、国民は自らを 非中国人と認識している。
台湾: 世論調査の結果、国民は自らを 非中国人と認識している。

台湾: 世論調査の結果、国民は自らを 非中国人と認識している。

2020 年 5 月に発表された調査によると、台湾国民の3 分の 2 は中国人として認識していない。中華人民共和国(PRC)がこの自治島を支配下に置く際に
直面する課題が浮き彫りになっている。

ピュー研究所によると、自分のことを台湾人と見ている人は 66%、台湾人と中国人の両方と見ている人は 28%、中国人と見ている人は4%だった。1,562 人を対象にした2019 年末の電話調査では、3.2 パーセントポイントの誤差があった。(写真:2020 年 1 月 11 日に台北の民進党本部前で行われた集会に参加する台湾の蔡英文総統の支持者。)  

この結果は、台湾の人々がますます台湾人であるとしか認識しなくなっていることを示す他の世論調査と一致している、と同研究所は述べている。

特に若い世代は独自のアイデンティティを確立しており、30 歳未満の回答者の 83% が自分のことを中国人だとは思っていないと答えている。

台湾の淡江大学の教授であるアレキサンダー・ファン (Alexander Huang)氏は、これは民族的な背景ではなく政治の問題であると述べた。台湾の若者は民主主義の中で育ったが、中国は一党独裁国家である。もう 1 つの要因は、中国が台湾に外交的圧力をかけていることと、台湾周辺で中国が軍事演習を実施していることであるとファン氏は述べている。

「我々は民族的には確かに華人ですが、政治的には非常に大きな違いがある」と同氏コメントしている。 「人々は中国人と認識されたくないことはかなり理解
できる。」

加えて台湾の人口の約 2.3% は、華人ではない先住民族グループの一員である。

中国は依然として 2360 万人の人口を抱えるこの島を領土の一部と見なしており、独立を話題にされるたびに苛立っている。平和的な統一を支持するものの、武力行使を排除していない。

ピュー研究所の調査によると、台湾市民の約 60% が中国に対して否定的な見解を持っている。52% が中国との経済関係の緊密化を支持する一方で、政治関係の緊密化を支持しているのはわずか 36% である。

逆に 3 分の2以上が米国に好意的な見方をしており、79% がより緊密な政治的関係を支持している。AP 通信社

Share