インドネシア政府: コーヒ の聖地

インドネシア政府: コーヒ の聖地

スターバックスは、2019 年1 月に、東南アジアで最大のショップをオープンした。このショップは、スターバックス・デワタコーヒーサンクチュアリ (Starbucks Dewata Coffee Sanctuary) として知られている。

同社のニュースリリースによると、この世界に類を見ない聖地は、人気のスマトラコーヒーなどの高品質のコーヒーを顧客に提供する上で、インドネシアが果たしている重要な役割に敬意を表したものと説明している。インドネシアは、世界第4位のアラビカコーヒの生産地でである。

バリ島で 2 万平方フィート(約 1860 平方メートル)以上の面積を占めるコーヒーサンクチュアリの特徴は、コーヒーの木農園とコーヒーの試飲室である。訪れる顧客は、実際にコーヒー豆を洗い、乾燥させ、生のコーヒー豆を選別するなどの作業を通じて、種から一杯のコーヒーができるまでのコーヒーの旅を体験することができる。 

スターバックスの CEO ケビン・ジョンソン(Kevin Johnson)は、「我社がインドネシアのコーヒを使い始めたのは 40 年以上も前のことですが、この地域の人の感覚と、コーヒーの旅への一歩一歩に対する気配りに常に感銘を受けてきました」と述べた。ビジネス・ワイヤ

Share