爬虫類カフェ  で恐怖に直面

爬虫類カフェ で恐怖に直面

チェア・ラティは(Chea Raty)、アルビノのパイソン、オレンジ色のコーンスネーク、あるいは鱗やひげのあるイグアナを恐れている人にとって、初の爬虫類をテーマとしたカフェで彼らに近づいてみることが唯一の救済策だと話す。

カンボジアの首都ですでに人気のある猫のカフェから事業を開始したチェア・ラティは、新たなビジネスを開始し、トカゲやヘビといった体をくねらす爬虫類の評判を改善し、苦手としている人たちに誤解だと諭している。

カフェの訪問客がラテを飲み、爬虫類と一緒に遊んだら、「私が彼らを大好きなように、皆さんも大好きになるだろう」と 32 歳のラティは、イグアナのうろこの付いた首元をつかみながら話している。

カフェの壁際にはさまざまな長さや色の蛇が入っている、ライト付きガラスタンクが並び、コーナーにはギャーギャー鳴くコンゴウインコがいる。訪問者の一部はためらいつつ、ケージを見つめている。生物を大胆に抱きしめる人もいる。 

入場料は必要ないため、訪問者はコーヒーを注文し、爬虫類の友人に同席をお願いする。客の注文したアイスティーは、すぐに黄色とクリーム色のボールパイソンの体を回転させるためのクールなアイテムになる。

訪問客の Y・ナビム(Y Navim)は最初はコーンスネークとの交流に逡巡していた。この種は締め付けて獲物をしとめるオレンジ色の蛇だ。しかし、コーヒーを片手にしている彼女の手のひらにすぐに乗るようになった。 「カフェは非常にユニークだ」と話す 22 歳。「ここにいる爬虫類の一部は見たこともない。美しくて怖い。」フランス通信社

Share