インド: 国産 航空

インド: 国産 航空

インドでは航空機メーカーに国内製造を促し、部品から始め、最終的には航空機を完成させたいと、2018年 6月民間航空相スレシュ・プラブ(SureshPrabhu)は話している。

Twitter のメッセージにおいて、プラブ民間航空相はエアバス社やボーイング社に政府の旗艦政策である「インド製」キャンペーンに参加するよう呼びかけ、乗客数を伸ばし、運賃を削減した成長市場の可能性を強調している。

インドの急速に成長する航空市場と経済には、1,000 人以上規模の旅客機と「もっと多くの」貨物機が必要であると、プラブは Twitter に投稿している。

エアバス社はインドの航空会社が今後 20 年間で 1750 機もの航空機を発注することを期待していると述べている。ボーイングは、同期間中に最大 2,100 機の飛行機が販売できると期待を寄せている。ロイター

Share