症例件数・死者数が増加の一途を辿る新型コロナウイルス流行による経済コスト

症例件数・死者数が増加の一途を辿る新型コロナウイルス流行による経済コスト

ヘッドライン | Feb 26, 2020:

FORUMスタッフ

中国を起点として、これまでに他27の国や地域に広がった新型コロナウイルスによる人的損失と経済コストが上昇を続けている。

アナリスト等によると、同ウイルス流行により最大の経済的影響を受けるのは中国であるとは言え、世界経済にも相当な影響が及ぼされる。

一部のアナリストが予測するところでは、流行による経済的被害は中国だけでも6兆円相当(600億米ドル)を超える可能性があることから、中国の国内総生産(GDP)が最大の打撃を受けることになる。中国社会科学院の張敏(Zhang Min)常勤教授は隔週刊誌「財経(Caijing)」のオンライン版に対して、「2020年第1四半期の国内総生産の成長率は約5%になる可能性がある。5%を下回る可能性も否定できない」と語っている。さらに少ない4%未満となる恐れがあり、早急の回復が見込めないという見解を示す経済学者も存在する。2019年の中国の経済成長率は6%であった。これはデータの集計が開始された1992年以来最低の伸び率である。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が2020年2月上旬に報じたところでは、新型コロナウイルスにより中国のインフレが促進され、2020年1月には消費者物価指数が5.4%上昇して8年超ぶりの高水準となった。

この新規データには流行の真の経済的影響が反映されていない可能性があると同紙に語った中国の交通銀行の劉學智(Liu Xuezhi)経済学者は、新型コロナウイルスにより中国消費者製品の需要に及ぼされた影響は、実際には1月のインフレデータに示されているよりも大きい可能性が高いと話している。

CNNビジネス(CNN Business)によると、2020年1月、中国の食料価格は最速の速度で上昇している。「壊滅的なアフリカ豚熱の感染拡大ですでに価格上昇の圧力がかかっている中国主要食材の豚肉は、前年同期比116%増という驚異的な高騰を見せている。野菜の価格は17%値上がりしている」と、CNNビジネスは報じている。

この経済成長の足踏みと物価指数の上昇から、堅実な公衆衛生政策と優良な統制の重要性だけでなく、政策と統制の失敗によりいかに巨大な人的損失と経済コストが発生するかが窺い知れる。

中国政府の発表によると、2020年2月13日までに中国国内では6万人近くが感染し、世界で1,300人以上が同ウイルスにより死亡している。2002年から2003年にかけて流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)では世界で774人に上る死者が発生したが、今回の新型ウイルスによる死者数はこれを大幅に上回っている。BBCニュースが報じたところでは、中国では18万7,000人以上が医学観察を受けている。(写真:2020年2月9日、北京の路上でマスクを直す交通警察官。与党の中国共産党によるウイルス拡散防止措置が不十分であるとして批判の声が上がっている)

すでに他国にも経済的影響が波及し始めている。ガーディアン(The Guardian紙が伝えたところでは、中国経済との関係性から、東南アジア、日本、オーストラリアの経済に悪影響が及ぼされる危険性が最も高いと考えられる。

中国国外でも340件を超える新型コロナウイルスの症例が報告されており、少なくとも死者2人が確認されている。

ガーディアン紙によると、世界37ヵ国に広がり、8,000人以上の感染者を出した重症急性呼吸器症候群が流行した当時の全世界の国内総生産は約3,500兆円(約35兆米ドル)であったが、同症候群により世界経済にもたらされた経済コストは3兆円相当(300億米ドル)から5兆円相当(500億米ドル)に上った。

新型コロナウイルスの経済コストは重症急性呼吸器症候群よりも高くなる可能性は大いにあると、張教授や他のアナリスト等は主張している。BBCニュースが報じたところでは、現状から考えても同ウイルス蔓延により失業率の上昇と一層の消費者物価高騰が発生する可能性があることから、すでに足踏み状態の中国経済がさらに悪化すると考えられる。

ブルームバーグニュースの報道によると、Tesla(テスラ)やApple(アップル)、そして数ある自動車部品メーカーなどの国際企業が中国国内での事業運営を停止するなど、今回のウイルス流行によりすでに大きな影響が出ている。国際的な航空会社、ホテル、観光関連企業では顧客数や予約数が減少しており、展示会やアートフェスティバルを取り止める組織も相次いでいると、米公共ラジオ局(NPR)は伝えている。

国際的なサプライチェーンにも悪影響が発生しており、ブルームバーグ・エコノミクスの見解では、在庫の約40%を中国からの中間財に依存しているアジアのサプライチェーンが最も高いリスクを負っている。たとえば、韓国の現代自動車(Hyundai Motor Company)は、中国から輸入している部品の供給に問題が発生したことで、自動車生産を停止した。

健康危機への懸念から、世界の株式市場と商品価格にも悪影響が及ぼされている。BBCニュースが伝えたところでは、中国の株式市場では、春節(旧正月)が終わった直後に上海総合株価指数が前日の終値よりも8%急落した。

今後どれほどの経済コストと人的損失がもたらされるかは、中国が今後講じるウイルス拡散防止措置と一層の経済低迷を抑制するための対策にかかっているという点でアナリスト等の見解が一致している。

BBCニュースによると、中国で発生した初期の経済的損害の大半は、工場やレストランなどの閉鎖、出張の延期、商品、サービス、人の移動の延期など、ウイルス拡散防止への取り組みが不十分であったことが原因となっている。ウイルスの拡散を防止することを目的として、中国当局は春節を延長したと、BBCニュースは伝えている。

Share