寄稿者

アルフレッド・エーラーズ(ALFRED OEHLERS )博士20073月にダニエル・K・イノウエ・アジア太平洋安全保障研究センターに入所。これより前にニュージーランドのオークランド工科大学で准教授を務める。シドニー大学で政治経済学の博士号を取得し、オーストラリアのマッコーリー大学で経済学の修士号と学士号を取得した。インド太平洋地域の経済成長と発展の政治経済学を専門とし、東アジア、東南アジア、太平洋諸島地域の急速な発展に関連したさまざまな問題を幅広く指導し、執筆。10 ページに掲載


スチャート・クライカウ(SUCHART KLAIKAEW)大尉は 2012 年にタイ王国陸軍対空砲兵大隊に入隊し、野砲兵基礎士官学校のクラスをトップの成績で修了。スコータイ・タマティラート・オープン大学(STOU:Sukhothai Thammathirat Open University)と、学会での最高賞を受賞したチュラチョームクラオ陸軍士官学校   (CRMA:Chulachomklao Royal Military Academy)で学士号を取得。同氏は、米国のノースイースタン大学でエネルギー工学の修士号を取得し、王立タイ軍海外奨学金の下、最優秀の成績で卒業する。彼は、CRMAと STOUで講師として勤務、また、タイにおける軍隊を地域社会につなげることを目的とした多国籍軍事演習の広報官と通訳を勤める。14 ページに掲載


アルフレッド・エーラーズ(Jinghao Zhou)博士は、ニューヨークのホバート・アンド・ウィリアム・スミス・カレッジのアジア研究の准教授。中国思想、政治、宗教、米中関係などを研究している。彼は数十冊のジャーナルとニュースの記事と、4 冊の書籍を執筆。こらには、Chinese vs. Western Perspectives:Understanding Contemporary China、China’s Peaceful Rise in a Global Context:A Domestic Aspect of China’s Road Map to Democratization などが含まれる。.同博士は現在以下の新しい著書を執筆中。Why Is the China Model Losing Its Power?と、Challenges and Opportunities of the Second Global Competition である。 18 ページに掲載


スチャート・クライカウ(ROHAN JOSEPH)大尉は、スリランカの主力艦の司令官。1994 年にスリランカ海軍に入隊し、コテラワラ国防大学(Kotelawala Defence University)を卒業。26 年間に及ぶ海軍経歴の中で、同氏は主要なスタッフや指揮官を歴任し、多くの学術賞と奉仕勲章を受賞。米国沿岸警備隊の国際海事将校コースの名誉卒業生に選ばれた唯一のスリランカ海軍将校であり、米国海軍戦争大学ロバート・E・ベイトマンズ国際エッセイ賞( U.S. Naval War College Robert E. Batemans’ International Essay Award)を受賞している。コロンボ大学で紛争と平和研究の修士号を取得し、安全保障と戦略研究と外交と世界情勢の大学院卒業証書を取得しています。 34 ページに掲載


アルフレッド・エーラーズ(INEZ MIYAMOTO)博士 2019 年ダニエル・K・イノウエ・アジア太平洋安全保障研究センターに入所。それ以前は、米国連邦捜査局 (FBI) の特別捜査官として、さまざまな犯罪に対応するサイバー捜査チームを指揮し、戦略計画、リスク分析、コンプライアンスを実施する。サイバーセキュリティ、越境犯罪、サプライチェーンセキュリティ、回復力開発、知的財産権の専門家でもある。同博士は、FBI 国立アカデミーを卒業し、ジョージ・ワシントン大学で工学管理の博士号を取得。 48 ページに掲載


元中佐(退役)アルフレッド・エーラーズ(ARNAB DAS)博士 20 年以上のキャリアを持つ退役インド海軍司令官で、研究者、海洋戦略家、企業家でもある。インドのプネー(Pune)に海洋研究 センターを設立し、所長を務める。また、Nirdhwani Technology Private Ltd.を経営し、海上安全保障ソリューションや海洋保全支援 のコンサルティングなどを行う。同博士が関わった書籍は 70 以上になる。また同博士は、インド工科大学デリー校で制服警官として修士号と博士号を取得。 52 ページに掲載